マスターキーシステム

keyとシリンダーの関係

日本のカギの文化は、歴史的に見ても個別キー|KDが主要なためキーの階層構成についての思考がとても貧弱です。

マスターキー・システムデザインは鍵の階層図であり、階級図でもあります。

どの役職がキーでどこの扉を開けることができるのか、職務によるアクセスコントロールの支配図となります。

keyとシリンダーの構成方法には大きく分けて5つのパターンがあります。

  1. 一つのキーで全てのシリンダーを施錠解錠する←Key Aliked
  2. それぞれのキーがそれぞれ固有のシリンダーを施錠解錠する←Deffer Key
  3. 沢山のキーで一つのシリンダーを施錠解錠する←セントラルロック
  4. キーとシリンダーの組み合わせを支配する←Master-key
  5. Masterkeyを支配するGrandMaster-key
2016 4 25トレーニング.001

KA         :同一key

DK       :個別key

MK        :マスターキー

Central Lock  :セントラルロック

GMK      :GrandMasterkey

日本のかぎ文化はKA(共通キー)もしくはDK(個別キー)が日常的利用されているパターンではないでしょうか。

・一本のキーで沢山の扉を開けられる。

 みんなで使用する

・ひとつのシリンダーをひとつのキーで開ける。

 自分だけ使う

利便性としては非常に使いやすいのですが、キーの盗難や紛失時のリスクを考えるとセキュリティレベルはとても貧弱になります。

 カギの階層システムをデザイン

5つの要素を組み合わせるとマスターキーシステムデザインが完成します。

階層としては3階層が一般的で、それ以上の階層は余り意味が無いようです。

人間社会の組織も階層が増えれば増えるほど効率が悪くなり、弊害の方が目に付くようになります。

組織とカギの管理者が明確になる


このようになるとCLIQ Web Managerが効果的に使えるような環境になります。

trining1.001

次にセキュリティを考える上で考慮すべきポイントがあります。

セキュリティと利便性


2016 Copyright (c)  株式会社データ・プラクト. All Rights Reserved.
会社概要|個人情報取り扱い